港18団について

団名:日本ボーイスカウト東京連盟港18団
ボーイスカウト港第18団は、東京都港区赤坂及び青山周辺を主な活動場所にしている団です。都心でありながら檜町公園や青山公園などの緑豊かな公園や各国大使館等が点在しいる地域です。東京タワーや東京ミッドタウンを仰ぎ見ながら、元気に活動しています。
また、長野県八ヶ岳山麓小海町にキャンプ場と研修館を所有し、都会っ子も自然の中でたくましく活動しています。

○ボーイスカウト港第18団本部(連絡先)
107-0052
東京都港区赤坂8-11-27 乃木神社 社務所内  電話番号:03-3478-3001
E-mail:メールにてお問い合わせはこちらから

○主な活動
キャンプ、ハイキング、スキー、サイクリング等のアウトドアプログラム
防災訓練、お祭り、地域のイベント参加等の地域行事プログラム
赤い羽根共同募金、清掃活動、障害者運動会の手伝い等のボランティアプログラム、
海外スカウトとの交流や海外派遣等の国際プログラム

 

○各代表者
・団委員長 西尾 健

子どもたちの成長には学校や家庭だけでは身につかない何かがあるはずです。ボーイスカウト港第18団の活動では、子どもの年代に応じて「できること、身につけること、役に立つこと」を増やしながらたくましく成長していくようなプログラムを行っています。
子どもたちの成長には、成功、失敗体験の積み重ねが大切で年月がかかります。
進学やご家庭の都合等で活動に参加しにくい時期もあるかと思いますが、長く続けていただきたいと願っています。

 

・各隊隊長
ビーバースカウト隊  :間瀬 華奈子
カブスカウト隊        :西尾 貴史
ボーイスカウト隊     :山本 丈人
ベンチャースカウト隊 :山本 房則
ローバースカウト隊   :世安 一人

 

○五箇野営場と研修館
・五箇研修館

当団は長野県南佐久郡小海町に100haの野営場を保有しています。
高原鉄道の小海線小海駅から八ヶ岳の天狗岳を目指して6キロ程山道を登ると、小さな村「五箇村」に着きます。

この長閑な村の一番奥に古い建物があります。これが「研修館」です。ここは、昭和中期まで冬季分校でその後公民館として使われましたが、平成になって新公民館が建てられた為、未使用で放置されていました。廃墟になっていたこの建物を平成15年に当団が借り受け、ベンチャー隊が改修して「研修館」としました。

 

・五箇野営場

「五箇村」から更に800メートル程登ると当団の野営場に着きます。小高い峰の森の敷地の中を切り開いた場所に、ログキャビン、カマド、テントサイトスペースがあります。南西側 間近に八ヶ岳、南東に秩父の山々、北東に浅間山が望める静かな場所です。当団専用の野営場なので、いつでも自由に自由な使い方で使用できます。

電話をかける